マイケル・ジョーダン 3連覇時のプレー

ワケスパ

この記事は私が運営していたワケスパというブログの更新休止に伴い若干、加筆・修正してこちらに転載したものです。

AND1

マイケル・ジョーダンが3連覇した時のNBAファイナルのプレー集です。
3連覇といってもマイケルはシカゴ・ブルズで2度3連覇しているので、これは1993年、初回の3連覇の時です。

この3連覇の中で特徴的なのが、多少の入れ替わりはあるものの、
ほぼおなじみのメンバーで3連覇しているということです。

特にスタメン。PG(ポイント・ガード)がジョン・パクソンからBJ・アームストロングになったくらいで、あとはずーっと一緒。
パクソンもベンチスタートでもかなりの働きをしていますし、最後の最後で優勝を決める3ポイントシュートを決めています。

さて、今回のファイナルの相手はフェニックス・サンズです。
シクサーズから移籍したチャールズ・バークレー(バークリー)がいます。
そしてもちろん、当時リーグを代表するPGだったKJことケビン・ジョンソンもいます。

Michael Jordan 1993 NBA Finals Great Performance (YouTube)

結果を見たらお分かりのように、バークレーを中心としたサンズのオフェンス力は凄かったものの、
4勝2敗という結果以上にブルズが圧勝したファイナルだったと思います。

勝敗のポイントはマイケルのマッチアップだったと思います。
攻撃の軸としてダン・マーリーは外せないのでしょうが、彼では1対1のディフェンスでマイケルを抑えるのは難しく、クイックネスで対応しようとKJに変わると、マイケルは高さのミスマッチを利用してポストプレーに切り替え、ジャンプショットを連発。

マイケル以外に気を取られていると、スコッティ・ピッペンなどの他の選手にやられてしまうという、終始、後手後手の展開でした。

このファイナル後、マイケルは引退(1度目)チャールズ・バークレーは怪我がちとなり、その後ヒューストン・ロケッツへ移籍。2人がファイナルで顔を合わすことはその後ありませんでした。
チャールズもとても好きな選手なので、1度は優勝して欲しかったのですが、
結局チャンピオンリングを手にすることなく引退してしまいました。
今はTNTの解説としてシャックやケニー・スミスらと元気にしている姿を見かけますね。

ザ・ショットマイケル・ジョーダンNBA初タイトル時のプレー スリーポイントシュート後マイケル・ジョーダン 2連覇時のプレー