ガンダム -銃とカラオケ-

銃とカラオケ

ガンダムってすごいですよ。

何が?

存在が。です。

私、40を越えたオジサンなので、もちろんガンダムは知っています。
が、特別に大好きというわけではないので、詳しいことは全く知りません。
小学生の頃にせっせとガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作ってただけです。
アニメも初代ガンダムを観てはいましたが、ストーリーはほとんど憶えていません。

むしろプラモ狂四郎でガンダムを好きになったようなものです。

んで、何が言いたいかといいますと、

ガンダムと言えば大抵の人には通じる。

ということです。

もちろん、お年寄りや幼児には厳しいかもしれませんが、
ロボットアニメで、男女問わずみんなが分かるってなかなか凄いと思うんですよね。

これが、サザエさんとかドラえもんのように、
いわゆるファミリー向けといってもいいようなアニメなら納得出来るんですけど、
ガンダムの内容って全然真逆だと思うんですよね。

「サザエさんって知ってる?」

「あー、お魚くわえたどら猫を裸足で追っかけたり、
買い物しようと街まで出掛けたらサイフを忘れて愉快なサザエさんでしょ?」

と、主題歌でなんとなくキャラと内容が連想できそうです。

とりあえず、おっちょこちょいなサザエとその仲間たちが色々わいわいやってそう。
という、合ってなくても間違えてもなさそうな内容。

ドラえもんも同様、
あんなこといいなできたらいいなーと思っていたことを、
ドラえもんが不思議なポッケで叶えてくれるってストーリー。

では、ガンダムは。

 翔べ!ガンダム (ガンダム!の部分で顔のアップになるのがステキな動画です)

翔べ!ガンダム (歌詞一部)

も、え、あ、が、れ、
もえあがれ
燃え上がれガンダム

君よ 走れ

まだ 怒りに燃える 闘志があるなら
巨大な敵を 討てよ 討てよ 討てよ
正義の怒りを ぶつけろ ガンダム
機動戦士 ガンダム ガンダム

とりあえず一番の歌詞のみ書き出してみました。

これもサザエさん、ドラえもん同様、なんとなく内容がわかりますね。

ガンダムというロボットが炎上しながらも仇討ち的な感じで戦うストーリー

これが合ってるかどうかはここでは確認しませんが、
つまり、

正義の味方が、なんやら逆境から立ち上がり悪を成敗する

で、概ね合ってると思うんですよ。

でも、これってヒーローものって大概そうじゃないですか?
ロボットだろうと仮面ライダーだろうとタケちゃんマンだろうと。
もちろんアンパンマンも。

では、ナゼこんなにガンダムは知名度が高いのか?

ボトムズではなくイデオンではなくなぜ、ガンダムこそが国民的ロボットなのか。

それは間違いなく見た目のインパクトでしょう。

  1. 色。白を基調とした青・赤・黃というわかりやすさ
  2. 鎧兜に日本刀を感じさせる武士ルック
  3. 兜風でもあり聖子ちゃんカット風でもある頭部

この3点がかなり大きいでしょう。
特に、2と3の武士ルックと聖子ちゃんカットは日本人の魂ですからね。
その日本人の魂を併せ持つガンダムはまさに日本のロボットなのです。
日本人のアイデンティティといってもいいと思います。いわないけど。

ガンダムって名前もいいですよね。

GUN と DAM ですよ。銃とカラオケ。

違うけど。