マイケル・ジョーダン 最強のオフェンス

ワケスパ

この記事は私が運営していたワケスパというブログの更新休止に伴い若干、加筆・修正してこちらに転載したものです。

マイケルの凄いプレー

またもマイケルの話題です。前回、
ブロックショットマイケル・ジョーダンのディフェンス

という記事で、マイケルはディフェンスも一流であるということを書きました。

今回はオフェンスです。

マイケルジョーダンのオフェンスというと、ダンク、ダブルクラッチ、
トリプルクラッチ、フェイダウェイジャンプショット…などなど、
幾らでも出てくると思います。
有名なシーンも数え切れないくらいあります。

そうなんです、いまさらマイケルのオフェンスの凄さと言っても…
という感じですが、

今回はマイケルのスーパープレーをハイライトでしか見たことがないという、
私らよりも下の世代の皆様にぜひ観て・見て頂きたい動画です。

その名も、

Michael Jordan UNSTOPPABLE Offense Highlights Montage 1990/1991 (Part 1) – LEGEND

です。

アンストッパブルです。

止められないです。

そして、この動画の最も重要なポイントは 1990/1991 シーズンのみのプレー集ってことです。

そう、マイケルのファンやNBA好きの方はピンときたと思います。
このシーズン、マイケルは初めてチャンピオンリングを手にするわけですが、
そのNBAチャンピオンになる直前のプレー集です。
この動画には、マイケルの代表的な リバースレイアップ(5:11~) をはじめ、
有名なハイライトシーンが多数出てきますが、
それ以上にあまりハイライトでは見ることがないのに、
今見ても思わず唸っちゃう、とんでもないスーパープレーが多数収録されています。

とにかく御覧ください。

 

いかがでしょう?
今見ても色あせないどころか、驚くプレーだらけですよね。
そして、よく見たらわかると思いますが、
この動画はひとつの試合からいくつものプレーが収録されています。
そう考えると、普通のプレーヤーの生涯のハイライトがマイケルだと2~3試合、
下手すりゃ1試合で観られると、大げさではなく言えるかもしれません。

一般的にアスリートの体力・身体能力は28・29歳くらいが最もピーク、
いわゆる油の乗った状態と呼ばれる頃になり、それが30代前半頃まで続くと言われています。

この動画の頃のマイケルがまさにそのピークに差し掛かろうとする頃で、若い頃からずば抜けた身体能力を持っていたマイケルが、ハードなトレーニングでさらに進化している頃といえます。

初期の頃の派手なプレーもありつつ、
驚異的なボディバランスでのしなやかなプレーも随所に見られます。
まさに、UNSTOPPABLEなプレーばかり。
当時のマイケルがバスケットボールというスポーツを急速に進化させた記録です。

それでは最後にマイケルの最も代表的なプレーと言ってもいい、このプレーを。

素晴らしい。

私は未だにこれを超えるプレーは出てきていないと思っています。
もちろん、劇的なブザービーターや色々な記録を塗りかえるようなプレーはあるかもしれませんが、
前後の流れや状況を一切排除して、ひとつのプレーだけでの衝撃は群を抜いているのではないでしょうか。

凄いプレーばかりでしたが、あくまでもこれは優勝前のマイケルのプレー集。
このあと、さらに進化したマイケルは通算6度のNBAチャンピオンとなります。

すごいですね。

当時のマイケルが履いていたのはエア・ジョーダンの5と6。

世界中で大ヒットしましたが、やっぱり今見てもカッコイイ!

このシーズン、遂にチャンピオンとなったマイケル。
NBAファイナルの相手はマジック・ジョンソン率いるレイカーズでした。
その時のプレー集はこちら。

ザ・ショットマイケル・ジョーダンNBA初タイトル時のプレー