ケイスケ・ホンダがチームを引き締める

キックオフ!

日本、コロンビアに勝ちましたね!
その勝利に貢献したのは、もちろんこの人、
我らが背番号4、ケイスケ ホンダ!

後半途中、満を持してピッチに入ると、
得意のセットプレー、コーナーキックのキッカーを務め、
見事、決勝弾をアシスト。さすがです。

このアシストだけで、充分な活躍なのですが、
我らが背番号4、ケ イスケホン ダはその後も躍動、
トップ下のポジションながらも右サイドに張り、
広いピッチをさらに広く見せる効果を演出。

時折、同サイドに並ぶ原口と共に手を挙げてボールを呼ぶなど、
コロンビアだけでなく日本の攻撃陣をも惑わす、まやかしのような演出。

右サイドにボールと人を集める戦術だったんですかね。

そして、極めつけは、
2-1のままリードしての終盤、日本が守備で相手ボールをカットし
攻撃に転じた際に、日本の選手達が攻撃のことに気を取られた瞬間を見逃さず、
緩やかなドリブルから一転、自陣へのキラースルーパス。
あわや失点か?という危機感をあたえることにより、
DF・GK、そしてすべての日本人に集中を促した。

この、我らが背番号4、CASE-K HONDA の躍動により、
勝利だけでなく、一試合通しての集中、そして危機管理という、
なかなか練習だけでは得られない大きな収穫を手にしたといえます。

この経験を次のセネガル戦にも活かして欲しいですね。

で、このコロンビア戦を観て私の希望のスタメンはこちら。

【    大迫     】
【 乾  香川  武藤 】
【  柴崎 長谷部   】
【長友 昌子 吉田 宏樹】
【    中村     】

ちょっと足首踏まれてた柴崎が心配ですが、
柴崎の攻撃のスイッチとしての縦パスはやっぱり欠かせないのでこのメンバーで。

コロンビア戦は大迫・香川から始まり前線メンバーが
走り続け、とてもいい効果があったと思います。
特に原口の運動量は素晴らしかったです。
なので、今回は屈強なセネガルDF陣に当たり負けしなさそうな武藤を先発で使い、
みんなが疲れてくる後半から原口と岡崎を投入って感じで。

そして、キーパーは中村。
これはただただ、中村が観たいというだけです。

あと、昌子がとても良かったので、このまま吉田の隣で使って頂き、
今後の日本を背負っていって欲しいですね。

サッカーボールケイスケ・ホンダが絶妙なポジショニングで勝利に貢献